地震対策はできていますか?

地震災害に備えましょう。

昭和56年(1981)5月31日以前に建てられた木造住宅は、旧耐震基準で建築されており、
大きな地震で倒壊する可能性が高いとされています。

戸建 木造住宅 注文住宅 耐震補強
住まいのリフォームは㈱大浜組へお気軽にご相談ください。

 

木造住宅・木造施設に「ウッドピタ」のご提案

「ウッドピタ」とは、木造住宅・木造施設用の全く新しい耐震補強工法です。
「生活者に負担をかけない耐震補強」をコンセプトに、完全外付け工法の補強技術を開発。
建物外部から簡単に安価で工事ができ、大地震に対しても安心できる耐震性を発揮します。

ウッドピタの仕組み
木造住宅の柱・梁・土台部分に、外部から補強部材(鉄筋ブレース、鉄骨フレーム)を取り付けるだけのシンプルな耐震補強工法です。建物と補強部材の接合部に独自に開発した特殊なアンカーを用いることで、従来の外付け工法の耐震性を大幅に改善。建物と補強部材が一体化し、強力な耐震性を発揮します。

ウッドピタの特長
工事中も普段どおりの生活!
室内作業ほとんどなし。家具の片付けなどの準備が要らず、工事中もお部屋を使えることはもちろん外出も自由にできます。

窓をふさがずに補強!
ウッドピタは窓の箇所でも補強ができます。窓を壁にすることなく補強ができ、今までどおりの通風・採光が保てます。

取付け簡単!短工期・低コスト
補強部材を取り付けるだけの簡単な工事なので、工期は最短2週間、費用も150~200万程度で補強が可能です。

確かな耐震性能
(財)日本建築防災協会をはじめ公的機関の技術評価を取得。実物大の振動台実験で耐震効果も実証しています。

ウッドピタは補助金が使えます!
「ウッドピタ」は(財)日本建築防災協会など公的機関から技術評価を取得しており、耐震改修補助制度のある全国の多くの市区町村で、補助対象工法となっています。

①外壁くり抜き

②アンカー取り付け

③アンカー連結
④ブレース取付け
アンカーの形状に
外壁をくり抜きます。

柱や梁などに独自の
鉄製アンカーを12本の
木ねじで取付けます。

外壁に止水プレート(ステンレス製)を取付け、 アンカー同士を接合プレートで連結。
鉄筋ブレース(筋交い)を取付け、工事完了です。
※建物形状や劣化状態により施工できない場合があります。

ウッドピタラインナップ
2階や施工の難しい入隅にも対応。バリエーションも豊富です。


株式会社大浜組は ウッドピタ工法協会 の会員です